ツナ缶雑記

ぐうたらSEのブログです。主にマイクロソフト系技術を中心に扱います。

Hyper-V で画面が表示されない場合の確認項目

f:id:masatsuna:20210314015924p:plain

私自身がはまってしまったので備忘録もかねて書いておきます。

現象

Hyper-V を有効にして、 Windows 10 20H2 の仮想マシンを作成しました。 OS のインストールも完了して、ログインアカウントはホスト OS でも使っている MS アカウントに設定。 そして PIN の設定もして、仮想マシンの起動もできました。 Windows Update を実行し、パッチをあてて再起動したら。。。

f:id:masatsuna:20210314012137p:plain

こんな感じでパスワードの入力画面が出てきません。 現在時刻の表示すら出ていません。 右下の電源アイコンとその左隣のボタンだけ操作できる、そんな感じになってしまいました。

原因

聡明な方はすでにお気づきかと思いますが、原因は PIN の設定をしてしまったことと、 Hyper-V を [拡張セッション] モードで起動してしまったことにあります。 この状態ではログインすらできないので、まずは [拡張セッション] モードを無効にします。

[拡張セッション] の設定は、 [表示] メニュー → [拡張セッション] のチェックを外すことでオフにできます。 この設定をオフにすれば、いつもの時計が表示されるようになります。

f:id:masatsuna:20210314012945p:plain

また通常通り PIN を入力してログインすることができます。

f:id:masatsuna:20210314013242p:plain

拡張セッションを使いたい場合

拡張セッションを使うと、ホスト OS のドライブにアクセスできるようになるので、非常に便利です。 拡張セッションを使いたいのであれば、ゲスト OS 側の設定で、 Windows Hello を無効にしましょう。 PIN を有効にすると Windows Hello が有効になります。 この状態だと拡張セッションが使えません。

ゲスト OS 側で [設定] を開きます。

f:id:masatsuna:20210314013903p:plain

[アカウント] を選択します。

f:id:masatsuna:20210314014030p:plain

[サインイン オプション] のメニューを選択します。 OS インストール時に PIN を設定してしまっている場合、 [Microsoft アカウントWindows Hello サインインを要求する] の項目が以下のようにオンになっていると思いますので、オフに設定します。

f:id:masatsuna:20210314014330p:plain

この状態で、再度 [表示] メニュー → [拡張セッション] のチェックをオンにしてください。 今度は MS アカウントのパスワードを入力するための画面が表示されるはずです。

f:id:masatsuna:20210314014819p:plain

今度は PIN ではなく、 MS アカウントのパスワードを入力してログインしましょう。